EDと年齢は関係するの?

EDと年齢は関係するの?

加齢とEDは比例の関係にあり

勃起しにくくなる、勃起しても中折れでフィニッシュまで到達できないEDの症状で悩んでいる人が多いです。
このED、いくつか特徴があります。
その中でも大きいのが、年齢を重ねるにつれ、EDで悩む人の割合は増加するというものです。

 

現在いろいろな症状があるもののEDで満足に勃起できない男性は日本全国で1100万人以上いると考えられています。
年齢別でみてみると、40代男性の20%、50代男性の40%、60代男性の60%がEDの症状を抱えているといわれています。
このように年齢を重ねるにつれ、どんどんEDの罹患率がアップしていきます。
なぜ年齢を重ねていくとEDにかかりやすくなるかですが、一つ指摘されているのが生活習慣病との関係です。
男性は年齢を重ねるにしたがって、生活習慣病にかかる人が増えます。
そして生活習慣病とEDには密接な関係性があるので、年齢を重ねるとEDになるリスクが高まってしまうのです。

 

特にEDの原因となりうる生活習慣病として、高血圧と糖尿病があります。
高血圧や糖尿病に罹患するリスクを年代別に見てみると、40代から50代に差し掛かったところでぐんと増える傾向があります。
40代になるとメタボ検診が実施されます。
これも生活習慣病のリスクを考えると、妥当な年齢設定といえなくもないです。

 

高血圧症と糖尿病はなぜEDのリスクを高める?

高血圧症や糖尿病がなぜEDのリスク要因になるかは、勃起のメカニズムと密接に関係しています。
勃起はペニスを構成している海綿体に血液が流入することで、膨張し固くなります。

 

つまり勃起を促すためには、陰茎に血液が流入しやすい環境を作ることが大事です。
プラス射精するまで勃起を維持するためには、ペニスに流れ込んできた血液をセックスの最中外に出さないようにする必要もあります。

 

ちなみにこの両方を実現するためには、陰茎周辺の血管や神経が健康に保たれていることが絶対の条件となります。

 

なぜ勃起がうまくできないか、それはこの血管や神経に何らかの障害が起きているために血液を溜めることができないからとなります。
血管障害から起きるEDの場合、高血圧症や糖尿病などが密接に関係している可能性が高いです。
両方とも、血管に与えるダメージが大きいです。
その結果、血管が動脈硬化を起こしやすくなって、血液の通り道が狭くなります。

 

ちなみに陰茎周辺の血管は、私たちの体中を巡っている血管の中でも特別細いといわれています。
ですから陰茎周辺の血管で動脈硬化が起こると、その影響は他よりも早く出やすいです。
高血圧や糖尿病を抱えていると、動脈硬化の進行が一気に早くなるといわれています。
その結果、EDの症状もより顕著に出てくるわけです。

 

生活習慣の乱れ⇒高血圧や糖尿病⇒血管や神経障害から血流の問題⇒ED

男性ホルモンとの関係も

加齢とEDの関係ですが、男性ホルモンも密接にかかわってくるとみられています。
男性ホルモンには、動脈硬化を抑制する働きがあると医療関係者の間では考えられています。
しかし年齢を重ねていくにつれて精力減退が起こりやすくなり、男性ホルモンの分泌も若いころと比較すると減少してしまいます。
すると動脈硬化の進行を抑える力も弱くなって、血管障害を進める恐れが高まります。

 

高血圧症も糖尿病も、なかなか自覚症状が起こりにくいです。
このため、知らず知らずのうちにどんどん症状が進行してしまって、気が付いた時には生活習慣病がかなりの重度になっているケースも珍しくありません。
特に糖尿病に罹患してしまうと、血管だけでなく神経障害を引き起こします。
するとさらにEDを引き起こすリスクが高まってしまいます。

 

年代別でEDの症状にも違いがある?

EDに悩んでクリニックを訪れる男性も多いです。
見てみると中高年はもちろんのこと、若い男性でも診察に来るケースも少なくありません。
20代男性といわれると、まだ何もしなくても問題ないはずと思う人もいるかもしれませんが、結構EDに悩んでいる人もいるのです。
20代のEDの場合、心因性のものがほとんどです。
20代の男性は、まだそれほどセックスの経験がないでしょう。
このため、「うまくセックスできるか?」「彼女を満足させられるか?」ということに不安・緊張を抱きます。
セックスするときの不安や緊張が過度に出てしまうと、ベッドインの時にうまく勃起できないということも起こりえます。
勃起しても射精するまで維持できない中折れの症状でクリニックに相談しに来る人も見られます。

 

中折れの経験のある人は30代になると目立ってきます。

 

40〜50代に差し掛かってくると、半分くらいの人が一度は中折れを経験したことがあるでしょう。

 

60代になると中折れではなく、そもそも勃起しない、勃起したとしても十分な硬さにならないといった悩みに代わってきます。
ちなみにED関係のクリニックに訪れる男性患者の中には、70代以上の方も少なくありません。
60代同様勃起しなくなったという人もいますが、「しばらく使っていないけれども問題なくセックスできるか?」という相談が多くなります。
このように年代によって、EDの悩みは微妙に違ってきます。
しかし年齢関係なく、男性はペニスに関していろいろと悩みを抱くのは同じであることが上の傾向を見るとよくわかります。

 

ED治療に年齢制限はある?

50代とか60代になると勃起力が衰える、精力減退が顕著になる人も多いです。
しかしEDなどになっても「年齢も年齢だから仕方がない」と思って、ハナからあきらめてしまう人も少なからずいるようです。
しかしもし年齢のせいとあきらめているけれども本音では「もう一花男として咲かせてみたい」と思っているのであれば、ED治療を行っているクリニックに行ってみたほうがいいです。
ED治療薬はいまではいろいろと出ていますし、これらの治療薬を服用するにあたり年齢制限などは一切設けられていないからです。
高齢者でもED治療薬を医者の指導に従って正しく服用すれば、十分な効果は期待できます。

バイアグラ

ちなみにED治療薬の中でも世間に広く知られているバイアグラがあります。
このバイアグラは、PDE5を阻害するための薬です。
PDE5とは、勃起するときにペニスに血液が流入しないようにする酵素のことです。
バイアグラの役割としてこのPDE5の作用を抑制することがあげられるので、正常な勃起を促す効果があります。
よくバイアグラについて誤解している人もいて、バイアグラを服用すると自分の意思とは関係なく勝手に勃起すると考えている方も多いようです。
しかしバイアグラは性的な興奮を覚えて、血液が流入してこない限り勝手に勃起することはないです。

血管拡張薬

ほかにも血管を拡張する効果のある治療薬もあって、血流を改善する薬なども出ています。
実はこのようなED治療薬を服用すると、EDだけでなくほかの生活習慣病の改善効果もあるのです。
血管を拡張して血流をよくすることは、例えば高血圧症の治療薬としても一役買ってくれます。

 

 

ED治療薬の中には特定の病気にかかっている人・病気治療のためにある薬を使用している人には使えないものもあります。
しかしED治療薬はいまではいろいろな種類が販売されているので、持病のある方でも治療を受けられます。
年齢に関係なく、しっかり勃起できることは男性として、そして健康面での自信が持てるでしょう。
そうすれば、日常生活にもハリを持って過ごせるようになるはずです。
年齢のせいとあきらめるのではなく、EDが気になるのなら治療を積極的に受けてみましょう。

 

薬は副作用も気になるしちょっとという方はまずは副作用のリスクも少ないサプリメントを試してみるのも良いと思います。
最近では様々なサプリメントが出てきています。
勃起は血流が関係しているのでここを改善するために重要なシトルリンやアルギニンという成分が配合されているサプリメントがおすすめです。